女性向け性感マッサージサイトの探し方

エッチなお店デビューを考えている女性の方に少しでもわかっていただけるように、女性風俗の概要とサイトの選び方をご紹介していきます。

女性向け風俗の現状

女性向け風俗は全国で300サイト以上存在します

全国に女性風俗ではどのくらいあるかご存知でしょうか?

当サイト調べでは、女性風俗に該当するサイトは300サイト以上あることがわかりました

約100サイトが「無店舗型性風俗特殊営業」を提出している「届け済サイト」で、 残り200サイト以上が提出していない「未届けサイト」です。

ただ、実際は表面化されていない女性向け風俗サービスまだまだあると思われますし、今後も増えていくことでしょう。

女性風俗サイトの探し方

みなさんはどうやって、女性風俗サイトを探すでしょうか。

ほとんどの方が、「女性 風俗 性感マッサージ」のようなキーワード検索、もしくは、当方ようなリンク集を使って吟味されていると思います。

そして、色んなサイトを見て思うのは、「ホームぺージ書いてある情報が本当なのかな?」ではないでしょうか?

多くのサイトは貴方にとって魅力的な言葉で書かれていると思います。

「必ず逝けます」「必ず中イキできます」「必ず脳イキできますのような大げさな言い回しのサイトはおススメできません。もちろん当リンク集内にあるサイトでもです。

ポイント

気に入ったサイトがあれば、ホームページだけでなく、ブログ、ツイッター、インスタなど、複数で情報発信がさせているか、穴が空くほど見てください。

有名サイトであれば、2chで話題に上がっていないか、Twitterでエゴサーチしてみて評判をチェックしてみるのもいいです。

検索順位とサイトの良し悪しは関係ない

検索上位に出てくるから「有名な女性風俗サイトだ」
検索上位に出てくるから、「みんなが評価しているサイトだ」

と思っていませんか?

実は検索順位と風俗店の評価は全く関係ありません。

検索順位はサイトの「情報量やその読みやすさ」などそのサイトの情報価値を Googleのロボットが順位付けしているだけです。
極端な話、Googleに評価されれば全くの素人が検索順位で1番も可能です。

逆に僕の知ってる腕のいい性感マッサージ師さんは誠実で20年近くの老舗サイトを運営されているにもかかわらず、残念ながら検索順位は高くありません。

女性風俗には「届済みサイト」と「未届けサイト」の2つが存在します

実は女性風俗には「届出を出しているサイト(届済み)」と「届けを出していないサイト(未届け)」の2つが存在しています。

風俗営業とは「営利目的で性サービスを提供すること」を指しますので、厳密には未届けの女性風俗は風俗ではありません。

通常出張風俗を営業するには届け出(正式には「無店舗型性風俗特殊営業確認書」)が必要で、男性用デリバリーヘルスを運営するには提出する必要があります。

しかし無料で行うサービスは該当する法律が存在しませんので、未届けで女性風俗を営業することが実質可能になっています。

とはいえ、「届済み」、「未届け」ともにサービスは似ているので、利用する女性にとっては、費用のことも考えると両方を検討されているのではないかと思います。

情報サイトによっては「届済みサイト」だけを取り扱っているところが多いですが、当サイトでは両者ともに同じ括りとして紹介していきます。

安全性を第一に考えるなら「届済みサイト」が無難です。

費用を考えずに女性風俗を利用するなら、「届済みサイト」サイトを利用するのが無難だと言えます。
「届済みサイト」は営業者の住民票を、事務所などをサイト運営者の情報を警察に提出しています。もし、なにか大きなトラブルがあったときには警察に駆けこめる…という安心感が「届け済みサイト」にはあります。

では、未届済サイトがダメかと言えばそうだとも一概には言えないのです。

なぜ「未届けサイト」は届けないのか

「届済みサイト」は専業もしくは兼業の方が多く、「未届けサイト」は、ビジネスマンが趣味で行っている場合が多いと思っています。

出張風俗の営業届出確認書を警察に届け出るためには、実は出張風俗用の事務所を構えないと営業ができないという物理的に大きなハードルがあります。

仮に普通の企業に勤めているサラリーマンが、副業不可のなか事務所を構えて活動をするかと言えばほとんどの人が行わないでしょうから、「未届けサイト」として趣味の活動として行っているのだと思います。

ポイント

無難に探すなら「届け出サイト」、掘り出し物の「未届けサイト」と考えておいてください。

風俗の種類

女性風俗の種類は多くありませんが、オーソドックスなものから女性の本質をついたサービスまであり、細分化するのが実は難しいです。

当サイトでは女性風俗を「メイン」「オプション」に分けてご紹介いたします。

女性風俗の代表格3選

性感マッサージ

女性風俗の代名詞である性感マッサージです。 オイルやパウダーを使ってカラダ全身のケアをしていくイメージではあります。 利用したことのない方が一番最初に検討されるサービスではないでしょうか

出ホ張スト

イケメンな男性にやさしく気持ちいいことをされたいのであれば、出張ホストを選択するのをおススメします。

写真から好みの男性を選べるところが出張ホストのウリですし、ホストクラブのような華やかな男性がいるサイトもありますので、

レズビアン

男性は抵抗があるけど女性なら心を許せてしまうかもというワケあり女性から、ありえないハズの女同士の世界をのぞいてみたいという好奇心をかなえてくれるのが、レズビアンのいいところです。

カワイイお姉さんにリードされてエッチな世界に浸りたいあなたはおススメです。

本質をつかむオプションプレイ型女性風俗6選

中イキ

近年「中イキ」をコンセプトにした女性風俗サイトが多く見かけるようになってきています。

中イキとは膣内でオーガズムに達することをいうのですが、中イキはクリトリスで逝くクリ逝きよりも気持ちいいという噂がで、しかも経験している女性は3割しかいないという統計から、中イキを経験したい女性が増えてきています。

ただし、中イキはどんな女性でも達成できるわけではないので注意が必要です。

脳イキ

脳イキとは「カラダに触れずに逝くこと」を指し、中イキ同様に深いオーガズムを体験できると言われています。

この言葉はある女性緊縛師の方が作られた言葉だと言われていますが、ここ1~2年で脳イキブームのように なっています

脳イキは理にかなっているものではありますが、素人が胡散臭くやっているところもありますので、注意が必要です。

催眠

催眠セックスという言葉を聞いたことがあるでしょうか?

催眠と性の相性はかなり良く、催眠と組み合わせたり、催眠だけで気持ちいい状態に持っていくことが可能であります。 催眠と聞くとうさん臭さいように感じるかもしれませんが、コミュニケーションや医学療法にも使われている手法です。

緊縛

人は縛られる圧迫感に反比例して感情を解放できるのが緊縛です。 緊縛の歴史は古く、アートや性とのマッチングかしやすいプレイです。

縛られたい女性はたくさんいらっしゃいますが、緊縛は事故が起きる危険性のあるプレイなのでしっかりとした知識のあるホストに依頼することをオススメします。

カウンセリング

カウンセリングの意義は広いですが、女性の悩みをしっかりと聞いてくれることをウリにしたタイプのサイトもあります。

料金について

女性風俗の料金は「完全無料~1時間数万円」まで幅広くありますが、風俗許可の届け出を出しているかどうかで大きく異なってきます。

ポイント

未届出サイトは「完全無料」や「ホテル代のみ」が多いですが、届出済サイトの場合は「3時間:2万円(ホテル代別)」が相場ではないかと思います。

利用する女性にとっては安くて腕のいい男性を探したいところだと思いますが、実際女性に対応するホスト(男性)はかなりの重労働を強いられます。

女性をおもてなしして肉体的・精神的に気持ちよくなってもらうには、ホスト(男性)側に色々なスキルが必要ですので、サービス内容が料金に反映されているという考えも持っておく方がいいかもしれません。とはいえ、費用の高さとサービスの良さが比例しているとも限らないのが注意点です。

本番は本当にないの?

「本番があるか?ないか?」初めての風俗選びでしたら、一番気になるところではないでしょうか?

営利目的として性サービスを提供する風俗においては本番行為は法律違反になりますので、「届済みサイト」が表向きに「本番行為はあります」という記載しているところはほとんどないでしょう。

とはいえ、女性はヌいてスカッっとする男性とは違い、「本番行為がないと満たされない…」「本番してほしい…」という女性からのニーズは少なからずあるのも事実なんです

実態はケースバイケースで判断していると考えられますが、当然法律ですから、どんなことがあってもしっかりルールを守っているサイトもたくさんあります。

ポイント

あなたの望みがどちらであったにしても、事前にしっかり確認しておいた方がよいと思います。

どんな女性が利用しているのか

女性専用の風俗店を利用する女性は40代が一番多く、30代、20代と続いていきます。

年齢が高くなってくると既婚者であっても夫婦のセックスレスが関係しているでしょうし、20代は経験不足や未経験な女性が自分に自信を持ちたい、気持ちよくなってみたいという好奇心で利用することも多いです。

また、10代で利用する女性も少なからずいますので、年齢幅は非常に広く利用するにあたってのハードルは下がってきていると考えられます。

また、グレーな話になってきますが処女喪失を目的として依頼する女性もいるようです。本当に好きな人ができる前に卒業しておきたい、気持ちよくなれる自分になっておきたいという理由だそうです。

どんな男性が所属しているのか

女性の年齢層に合わせて、ホスト側も20代から50代と幅は広いです。 おそらく30代がコア層です。

常にイケメン君の指名が多いのかと言えばそうではなく、40代の落ち着いた男性に人気が集まることも少なくありません。

いろんなタイプの女性に対応できるホストは歳を重ねていかないとダメなんですよね。

ポイント

女性向け風俗では対応力が求められるのです。

女性風俗店はどんな人が運営しているのか

夜のお店、特に風俗店は裏世界のコワイ人達が運営しているのではないかと思っているかもしれませんが、意外と普通の人たちが運営していることが多いです。

女性風俗は95%以上が店舗を持たない出張型風俗店で、店舗型風俗は男性向けを含め新規出店はほぼできないようになっています。新規出店できない理由のひとつに風俗店が裏社会との関係性をなくしていく目的があると言われています。

店舗の場合はどうしても昔ながらの裏の関係性が継続してしまうので、それを断ち切る意味でも無店舗型しか認めないという方向性なのです。

たくさんのホスト(男性)を抱えるサイトであれば、もしかするとそっち系の方が運営されているかもしれませんが、個人運営の場合はその可能性は低いのではないかと私は考えています。(実際にお会いしてもそうでした)

ポイント

裏世界の方々が運営している可能性はゼロではありませんが、仮にそうだったとしても、すぐにトラブルに巻き込まれるか確率は低いでしょう。

彼らも商売ですからね。。。

最終的な女性風俗サイトの見極め方

結局のところ、優秀な女性向け風俗サイトとは優秀なホストがいるお店のことです。

私が、一番評価しているホストは「感情のコントロールができる男性」です。

別の言い方をするといろんなタイプの女性に柔軟に対応できる男性が優秀なホストなのです。実際の現場で働いてみるとわかるのですが、利用する女性は本当にいろんなタイプの方がいらっしゃいます。

年齢は18歳から50代までと幅が広く、性格も前向きな女性からどちらかというと後ろ向きなもっと言うと、心を病んでいるような方までです。

ホストはいろんなタイプの女性に対応することを求められますし、時には我慢を強いられるケースもあるんですよね。

その中でどういう時間を女性と共有できるのかではないでしょうか?

前の記事

女性向け出張風俗の歴史